飲んだ次の日だるい原因を改善した肝臓の働きをよくする対策

飲んだ次の日、だるいことが40歳を過ぎてからの悩みの種

飲んだ次の日、だるいことが40歳を過ぎたころから悩みの種になっていました。午前中くらいまで、からだにだるさが残っていましたね。


取引先とのお酒の付き合いが多く、また、元々お酒を飲むことが好きですので、仕事が終わってから同僚や飲み仲間と飲みに行く回数も多いということは自覚しています。

そんな日を毎日のように続けても、20代、30代の頃は、飲んだ次の日、だるいとか眠いとか、ましてや、午前中までからだにだるさが残るなんてということはなかったのですが・・・。


趣味らしい趣味もなく、お酒を飲むために仕事をして給料を稼いでいるといった私ですので、次の日の体調を心配しながらお酒を飲むことほど精神的にもつらいことはありませんでした。

そこで、40歳を過ぎたら、どうして飲んだ次の日、だるいと感じるようになったのかなどの原因をネットや本などで調べて、その原因を改善する対策に出会ったのです。

 

飲んだ次の日だるい原因は加齢に伴う肝臓機能の低下

お酒を飲んだ次の日、だるい、眠いなどの体調不良を起こす原因の多くは、肝臓にあるとのとでした。つまり、年齢を重ねるごとに肝臓の機能が低下してしまっているのです。


肝臓の機能には、『解毒』というからだを健康にするためにとても重要な働きがあります。

私の場合、特に日本酒が好きで、毎日のように、しかも、他の人と比較して飲む量も多いほうです。

お酒にはアルコールが含まれていますよね、肝臓が正常に働いてくれるおかげで、日本酒に含まれているアルコールを最終的に二酸化炭素と水という無害な物質に分解して、アルコールをからだの外に排出してくれます。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれている

また、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれていますね。つまり、肝臓は、異常を起こしても多少のことでは元に戻ることができる再生能力に優れた臓器であるため、自覚症状が現れないのです。

手術で70%~80%程度切除しても、残りの肝臓が新しい細胞を作り、元の大きさに戻るのだそうです。肝臓はそれくらい優れた再生能力を持っているのです。

ですので、自覚症状がないからといっても、肝臓は健康だと安心してはいけませんし、お酒を飲んだ次の日だるいなどという自覚症状があるのなら、なおさら、何かしら肝臓の働きをよくする対策をしてあげたほうがいいということがわかりました。

 

お酒が大好きな私が40歳を過ぎてから始めた肝臓の働きをよくする対策とは

それからというのも、時間があれば肝臓に対してどんな対策をすれば効果があるのかを調べました。

そして、出会ったのが、肝臓に効くサプリメントでした。

しじみ、牡蠣エキス、スクワレンなど自然由来の原料を使用した『自然食品』という点が気に入りました。しじみや牡蠣エキスは、加齢に伴って低下する肝臓の働きを助ける効果があるんですよ。


ただ、一番最初に封を開けたときに、少し魚臭さを感じたのは、「しじみや牡蠣を使っているので、やっぱりな」と思いました。この点は、自然由来の原料を使用しているため、仕方がないという思いもありましたが、どちらかといえば魚が苦手な私は、継続して摂取できるかどうか正直不安を感じたのは事実でした。

ですが、飲んでみたら、そんな不安は一瞬に消え去りました。飲むときには魚臭さを感じられませんでしたので、安心したことを覚えています。


飲むタイミングは特に決めりはありませんでしたので、私はお酒を飲む前に1日3粒摂るようにしました。

すると、どうでしょう!

1週間くらい経ったころにはすでに効果が現れ、飲んだ次の日、だるいと感じて午前中くらいまでだるさが残っていたのがうそのように、朝スッキリ起きられるようになりました。


体調を崩しお酒を飲むことができなくなったら、お酒を飲むこと以外趣味がない私は、人生の楽しみがなくなってしまうところでした。

ホント、早めに肝臓の働きをよくする対策をしておいてよかったです。

>> お酒が大好きな私が40歳を過ぎてから始めた肝臓の働きをよくする対策